ちょっと手のこんだダンボール収納

コメントは受け付けていません。

ダンボールの収納ボックスは誰でも作れる簡単なものです。
ダンボールそのままに布などを貼り付けただけでの充分ダンボールだとは思えない立派な収納ボックスになりますがもうちょっと手を加えるともっと素敵なダンボール収納になります。

たとえば小物入れを作るとします。
好きな大きさになるよう定規などではかってダンボールをカットします。
四角い小物入れを作るとすると壁になる表面4面と底の部分が1面で合計5面あります。
それらを組み立てる前に布で1面づつ布で包んで縫っていきます。キレイに仕上げるのであれば布で包んで1センチほどの余裕を持たせ、その縫いしろ部分を中に織り込みコの字縫いという方法で縫っていくと糸も見えずキレイな仕上がりとなります。5面全部をダンボールを包む形で布で覆ったら、その布たちを縫いながら組み立てます。
ひとつの面とひとつの面を縫い合わせる形です。
ダンボール箱をガムテープで留めるのではなくて、布の中に型紙としてダンボールを入れて布小物として作る感覚になります。

本来であればガムテープでとめる箇所を布同士を縫い合わせることでもっと頑丈でもっとおしゃれでダンボールだとは思えない小物入れの完成です。

このやり方でやると様々な形のものが作れます。
4角形じゃなくとも三角形や六角形などのものも可能ですし、もちろんフタ付きのものでも可能です。

子供たちが大好きなダンボール

コメントは受け付けていません。

子供ってダンボールが大好きですよね。
ダンボールで工作するのが嫌いな子供たちというのは少ないように感じます。
それだけダンボールは子供たちにとっても扱いやすい素材であり、軽くて丈夫で使いやすいのでしょう。

そんなダンボールを使って今様々な収納グッズが販売されていますが、子供用のダンボール収納も売られているのを知っていますか。

ダンボールはダンボールなのですがカラーダンボールを使用してとてもカラフルなダンボール収納がたくさんあります。
キャラクターを思わせるデザインのものや、ひとつひとつの引き出しのカラーが違ってとてもカラフルなデザインとなっているダンボール製のタンスやカラーボックス、本棚のような収納まで様々です。
子供たちが喜びそうなカラーやデザインなのできっと気に入る子供が多いでしょう。

子供たちはまだいたずら心があって落書きをしてしまったり汚してしまったり、転んで家具に頭をぶつけたりと家具にちょっと心配な要素も多いですよね。
しかし、ダンボールの収納家具であればもし万が一があっても安心ですし、汚れたらリサイクルに出すということもできます。
問題がなければ何年でも使うことができますし重宝します。
子供向けのデザインのダンボール収納家具たちはとてもかわいいので人気です。

インテリアにもなる収納

コメントは受け付けていません。

今、収納グッズが注目されています。
今はお掃除ブームといっても良いぐらいのお掃除術が注目され部屋をきれいにするためのお掃除グッズや洲の王グッズたちが売れてるのだそうです。

収納グッズは様々なものがありますよね。
プラスチック製のものやおしゃれな木製のものなのその素材は様々ですが簡単に組み立てることができて軽く、安いということでダンボール収納が今注目されています。

インターネットで検索すると大手通販会社でもダンボール収納としてダンボールのグッズを取り扱っていたりします。
ダンボールは軽くて丈夫なので収納の素材としては申し分ないですよね。
使わなくなったらすぐにリサイクルに出すことができるのも良いですよね。
子供が使っても安心な素材ですし、子供たちでも持ち運びできるのは良いですね。

おしゃれなクラフトカラー一色のダンボール収納は意外におしゃれでとても人気があるそうです。

ダンボール製の収納用品はバリエーションも豊かでデザインが凝っているものもあり、ただのダンボールに入れたという漢字ではなくインテリアとしてダンボール収納を楽しめるものが多くあります。
ダンボールをインテリアの一部として置いてみませんか。
意外に部屋にしっくりとくるのがダンボールの良さでもあります。

収納のためのグッズ

コメントは受け付けていません。

今、収納に関する意識が高まっていますよね。
たくさんのお掃除術が注目され、簡単にお部屋をキレイにする方法がテレビや雑誌などで特集してるのをよく見かけます。

片付けをするのって大変ですよね。なかなか部屋の形態まで変えるお掃除というのはできないものです。
しかし、それでも部屋はきれいにしたいですし、保ちたいですよね。

そういったときに活躍するのが収納グッズたちです。
今は100円ショップなどでも様々なグッズが売られています。生活の知恵から出たような収納グッズもたくさんなって関心させられますがみなさんはどんな収納グッズを使っていますか。

収納は片付けの基本であり、物を整頓しておくには絶対のアイテムですよね。
ホームセンターや100円ショップなどで見かけることができますが、ダンボールはお金もかからずとても便利な収納グッズとなります。

ダンボール収納はそのままの状態でも使えますし、部屋の中のちょっとした箇所にダンボールを必要な大きさにカットして組み立ててガムテープで貼り外側の表面に布などを貼ってしまえばダンボールとは思えないほどの収納になります。

ダンボールはとても丈夫な素材ですが、簡単に誰でも工作できるのが良いところなので誰でも自分の収納を作ることができます。
そしてどこにでも置くことができるので使いやすい収納グッズですよ。

収納!収納!収納!

コメントは受け付けていません。

生活をしていると日常生活ではなかなか使わないものであっても捨てられないものってけっこうありませんか。
そういう物こそ、置き場所に困ったり片付ける場所に困ったりして中途半端な状態になってしまい、どんどん片付けるポイントとしてスルーしてしまいがちになってしまいますよね。

しかし、そういったものたちこそ、きちんと収納して押入れの中だったり、クローゼットの中に整頓してしまいましょう。

生活の中で必要なものと必要ではないけど捨てられないもの、そして捨てても良いものに分けます。
生活に必要なものはその場所にある家具に振り分けましょう。
そして捨てるものはきちんと分別してゴミへ、そしって捨てられないものたちはある程度整頓してからダンボールに入れましょう。
ダンボールの中に入れておくことで時間による劣化や虫などに冒されることなく良い状態をキープして時間を感じさせずに収納しておくことができます。

必要だけど捨てられないものの中でも分別をしてそれでも使う機会があるもの・思い出の品などに分けて数回でも使う機会があるもの…たとえば家電の配線コードなどそういったものはすぐに出せるように引き出して使えるような手前の場所においておくと出すときに探さなくても済みます。

ダンボールという特色を生かして中になにがはいっているのかを細かく明記しておくと便利です。

意外と多い紙類を収納する

コメントは受け付けていません。

家の中でどんなに片付けても必要なものがありませんか。それが意外にも紙類だったりします。

紙の書類など家庭にとって必要不可欠な紙類って実はけっこう存在していてファイルなどに保管してもそのファイルを収納する場所がなかったり、いつまでも特に使ったり開いたりすることはないのにでも捨てられない書類というのがあると思います。
そういったものを収納してクローゼットや押入れの奥などにしまっておくのに活躍するのがダンボールではないでしょうか。
ダンボールだと表面になにが入ってるかのメモを貼り付けたりもできるのでダンボールにしばらくは出さないであろう書類たちを必要かどうか厳選して入れてメモに書いておくとよいでしょう。
家具や家電の保証書や取り扱い説明書などもひとまとめにして入れておくとわかりやすいですね。
よく使うリビングの家具などのひきだしにいつまでも入れておくのは邪魔になりますからそういったものをダンボールに入れて奥底に眠らせてしまいましょう。

そうすることで普段の生活に本当に必要なものだけがリビングにある生活となり快適な生活になることでしょう。
必要だけど必要じゃない、必要じゃないけど必要な紙の書類ってあるものなんです。
ダンボールは年季を感じさせることなくしまった時と同じ状態で長い時間収納してくれるのが良いところです。

ダンボールで作る収納

コメントは受け付けていません。

ダンボールはいろいろな使い道がありますが、ダンボールで収納を作ったことがありますか。
ダンボールを収納用具として使ってる人も多いと思いますが、どんな収納として使ってるでしょうか。

ダンボールはとても工作がしやすい素材でもありますから様々な工夫をすることもできますよね。
ただの箱としても使用することができますが、ダンボールの中にさらにダンボールで仕切りを作って組み立てることもできます。ダンボールの中の仕切りを作ることでダンボールの中で物を分けることができ、とてもしっかりとした収納として活躍してくれます。

また、ダンボールを縦につかってその中にダンボールで仕切りを作ることによって靴箱のように靴を収納することも可能ですし、衣類などを畳んで一枚づつ並べることも可能になります。
ダンボールをそのままの状態で使わないで縦に立てて収納として役立てることもできるのです。
押入れやクローゼットの中の一部分としても活躍しますね。
子供の物やおもちゃなどえお細かく仕分けするときも活躍してくれます。

ダンボールは万能でどこでの使えて壊れたりいらなくなったらすぐにリサイクルに出すことができるのも魅力ですよね。
ダンボールを収納家具として使用することでエコにもなった気がします。

収納ボックスを作るときにちょっとしたコツ

コメントは受け付けていません。

ダンボールを使って収納ボックスを作ってる人は意外と多いものです。
布を貼り付けたりしてダンボールだとわからない収納ボックスもあるのでお友達に家にいっていつも見てるはずの収納ボックスだって実はダンボールから出来てるかもしれません。
ダンボールは収納という部分に関してとても長けています。
そんなダンボール収納ですが、ダンボール収納ボックスを作る上でちょっとした手をさらに加えることでもっと便利に活用することができます。

それはまず底部分の強化をしてから布などを貼ること。
ダンボールの底は大抵ガムテープが貼ってあると思いますが、そのダンボールとダンボールを組み合わせてる何中の部分だけでなく、両端にもガムテープをはって隙間をなくします。
さらに真ん中に十字になるように縦に貼り、斜めにも貼ります。
そうすることでとても底の強度があがりますので物を入れて底が抜けたなんてことを防ぎます。

さらに最初に通気性の穴を数箇所開けておくことで衣類などを入れて保管する場合は丁度良い具合に空気が抜けてくれるので良いですよ。

このようにちょっとした手間を増やすだけで収納としての機能もグンとアップします。
ダンボールから収納ボックスねと利用方法を変えたいときはこのような工夫がとても役立ちます。

収納ボックスを作ろう

コメントは受け付けていません。

ダンボールのように手軽な収納ボックスがほしいなぁと思ったことはありませんか。
簡単に手に入れられて収納力があって積み重ねることもできて押入れやクローゼットにもおさめることができる。そんな万能な収納ボックスがほしいですよね。

では、作りましょう。ダンボールで作ることができるのです。
自分の好みのサイズのダンボール、丁度良いなと思ったダンボールに余った布などを貼り付けます。全面に同じ布を貼るのが一番簡単ですが、ちょっと凝ったものにしたいという場合は布を様々な大きさの四角にカットしてランダムに貼り付けていくのも良いですね。
フェルトなどでも全然かまいませんし、アップリケなんてつけてもアクセントになってかわいいですね。
木工用ボンドは布用ボンドでもありますから簡単にペタペタ貼ることができます。

貼りおわったらしばらくしっかりと乾かしましょう。
アッという間にダンボールだとはわからない収納ボックスのできあがりです。
誰にでもできる簡単収納ボックスです。
ダンボールがあれば何個でも作ることができますね。

ちょっと手を加えることで人に見えても恥ずかしくない収納ボックスができますので自分でアレンジして作ってみるのも良いですよ。ちょっとしたものの収納にももってこいです。

ココに収納が欲しいを可能にする

コメントは受け付けていません。

生活をしていると、ちょっとしたひらめきやちょっとした疑問などが生まれたりするものですが、ココにちょっとした小物入れがほしいなぁと思うことはありませんか。
たとえば玄関先にカギを入れる箱がほしいという場合や洗面に髪の毛をまとめるために使うゴムやピンなどを入れておける箱がほしいという場合、キッチンにちょっとした調味料を入れておける箱がほしい、ソファの隣にリモコン入れがほしい…など生活をしてるとコレがあったら便利なのに…というものがあったりします。

それを可能にするのがダンボールです。
ダンボールを好みの大きさにカットしてガムテープなどで止めます。箱状にしたらお気に入りの布やそのシーンに合ったカラーの布や包装紙、フェルトなどを貼り付けます。そうするとアッという間にダンボール小物入れの出来上がりです。
工作はちょっと…という方でも簡単にできるのがダンボールの良いところで、安全で丈夫な素材というのもありがたいですよね。
ちょっとぐらい濡れてもすぐに乾いてくれますし、よごれたら躊躇なく捨てることができるので安心です。
ちょっと違う柄にしようかなと思ったらまた簡単に作れば良いのです。

エコな小物入れでココにあったらいいなの収納の可能にしてみませんか。ダンボールは優等生ですよ。

Older Entries Newer Entries