収納上手になるために

コメントは受け付けていません。

家でも会社でもどうしても人が生活や仕事をするところでは物が多くなってきてどうしても整頓が必要になってきますよね。
しかし、収納できる家具や収納できるスペースというのはとても限られていて増えていくものたちをどう収納すべきかと考えてしまいます。

そんなときはダンボールを使いませんか。
ダンボールはとても便利な収納グッズでもあります。
普段はものを運ぶためのものとして梱包として使われていますが、ダンボールはとても丈夫で軽く、そして収納力がとてもあります。
小さなものから大きなものまで収納でき、フタをしめることでその上にもまたダンボールを乗せられるというのも便利ですね。

ダンボールは余計な水分や湿気もとってくれますから中にいれたものを守ってくれる役割もあります。
衣類だってたくさん入れることができますし、防虫用のものをいれておけばずっと保管することだって可能です。
書類なども紙の変色などなく時間がたってもそのままの状態で保管することができます。
ダンボールという素材の特色を使い、保管することでとても良い状態で保存することができるのはうれしいですね。

不要になったときにはリサイクルに出すこともできますし、場所を取るなぁと思ったら自分で小さくしてしまって新たに作ることも可能なので便利ですね。

キレイな収納ボックスにするための工夫

コメントは受け付けていません。

ダンボールを使って収納ボックスを作るとなるといろいろなやり方がありますがちょっと上級者向けの収納ボックスにするための工夫をお教えします。

ダンボールは基本的に切りっぱなし状態になっていることが多いのですよね。
その切りっぱなし部分が使ってるうちにボサボサになってきてしまう場合もありますのでその切り口の部分に水貼りテープをコの字型にして四方すべてを覆ってしまいます。
それによりボサボサしてくることもないでしょう。

さらに布を貼るときに布を貼ったけどダンボールにプリントされてる商品名やロゴが見えてしまっているといった場合や布がはがれてきてしまうという場合はダンボールを型にダンボール面を大きな画用紙などに移項して型をつくります。
ちょっと固めの画用紙や型紙を使用しましょう。
そしてその型紙に木工用ボンドを少し水が薄めて溶かしたものをハケなどで縫ってその型紙に布を貼ります。
少し大きな布はカットすると良いですよ。

そして布を貼った型紙をダンボールに貼り付けることで商品名などが浮き出ることはなくなりますし、よりキレイにダンボールに貼ることができます。

大きめにカットした布部分は中側などに織り込んでちょっと手で伸ばして貼り付けます。
乾くまで上から紙などを挟んで洗濯バサミで止めておくとかわいたときにそのままの状態なのでキレイに仕上がりますよ。

ちょっとした工夫をすることでキレイに仕上がるので挑戦してみてください。

カラーダンボール収納

コメントは受け付けていません。

ダンボール収納というとやはりクラフト色を思い浮かべてしまいますがダンボールはクラフトカラーだけではありません。
今のダンボールはいろいろなカラーが存在しています。
カラーダンボールはとてもバリエーションも豊富でダンボール収納やダンボール家具などに多く使われています。

そのカラーダンボールを利用したダンボール収納の商品が今人気があるそうです。
通販の会社などでも取り扱いがあり、大変好評だとか。
特に子供たちにはダンボール家具だと親としても安心という部分があり、もし転んで家具に頭などを強打してもダンボールで出来た家具だと安心ですよね。
使わなくなったらリサイクルとして簡単に出すことができるのもうれしいです。普通の家具だった大型ゴミなどになってしまい有料となってしまいますがダンボール家具や収納だとリサイクルでもちろん無料で出すことができます。

カラーダンボールを使って何色ものダンボールが使われたおしゃれでカラフルなダンボール収納家具やだったり、濃い茶色とクラフトカラーの2色使いでモダンなダンボール家具だったりと一見ダンボールだとはわからないものも多くあります。

お手頃な価格で丈夫で長持ちなので人気があり、おしゃれな部屋の一部として存在感を示してくれるものでもあるでしょう。
カラーダンボールの魅力に触れてみませんか。