収納!収納!収納!

コメントは受け付けていません。

生活をしていると日常生活ではなかなか使わないものであっても捨てられないものってけっこうありませんか。
そういう物こそ、置き場所に困ったり片付ける場所に困ったりして中途半端な状態になってしまい、どんどん片付けるポイントとしてスルーしてしまいがちになってしまいますよね。

しかし、そういったものたちこそ、きちんと収納して押入れの中だったり、クローゼットの中に整頓してしまいましょう。

生活の中で必要なものと必要ではないけど捨てられないもの、そして捨てても良いものに分けます。
生活に必要なものはその場所にある家具に振り分けましょう。
そして捨てるものはきちんと分別してゴミへ、そしって捨てられないものたちはある程度整頓してからダンボールに入れましょう。
ダンボールの中に入れておくことで時間による劣化や虫などに冒されることなく良い状態をキープして時間を感じさせずに収納しておくことができます。

必要だけど捨てられないものの中でも分別をしてそれでも使う機会があるもの・思い出の品などに分けて数回でも使う機会があるもの…たとえば家電の配線コードなどそういったものはすぐに出せるように引き出して使えるような手前の場所においておくと出すときに探さなくても済みます。

ダンボールという特色を生かして中になにがはいっているのかを細かく明記しておくと便利です。

意外と多い紙類を収納する

コメントは受け付けていません。

家の中でどんなに片付けても必要なものがありませんか。それが意外にも紙類だったりします。

紙の書類など家庭にとって必要不可欠な紙類って実はけっこう存在していてファイルなどに保管してもそのファイルを収納する場所がなかったり、いつまでも特に使ったり開いたりすることはないのにでも捨てられない書類というのがあると思います。
そういったものを収納してクローゼットや押入れの奥などにしまっておくのに活躍するのがダンボールではないでしょうか。
ダンボールだと表面になにが入ってるかのメモを貼り付けたりもできるのでダンボールにしばらくは出さないであろう書類たちを必要かどうか厳選して入れてメモに書いておくとよいでしょう。
家具や家電の保証書や取り扱い説明書などもひとまとめにして入れておくとわかりやすいですね。
よく使うリビングの家具などのひきだしにいつまでも入れておくのは邪魔になりますからそういったものをダンボールに入れて奥底に眠らせてしまいましょう。

そうすることで普段の生活に本当に必要なものだけがリビングにある生活となり快適な生活になることでしょう。
必要だけど必要じゃない、必要じゃないけど必要な紙の書類ってあるものなんです。
ダンボールは年季を感じさせることなくしまった時と同じ状態で長い時間収納してくれるのが良いところです。