段ボールで収納上手を目指す

コメントは受け付けていません。

ダンボールインダンボール
ダンボールを収納として使おうとするときに、仕切りが欲しくなる場合があります。

ダンボールは、手頃なサイズではありますが、基本的には梱包材です。
そのため、机の引き出しのように便利な仕切りがついているわけではありません。

そうなると、自分で仕切りを作らなければいけないわけですが、そこまでするぐらいなら、しっかりとした収納用品を買ったほうがいいのでは…と考えてしまうものです。

そんな問題を解消するためには、ダンボールの中にダンボールの仕切りをつけてみましょう。
とはいっても、本格的につくる必要はありません。
小物入れとして使えるような小さめのダンボールをそのままつめてもいいですし、仕切りとして手頃なサイズに切ったダンボールを、一枚いれてあげるだけでもいいのです。
そうすれば、お金も手間もほとんどかからない上に、中身を綺麗に整頓することも出来ます。

また、ダンボールの中にダンボールを入れる場合には、入れすぎないようにしましょう。
ダンボール自体の重さは、予想以上にあるものです。
思っていたよりも重たくなってしまったり、箱がかさばってしまって、肝心の中身があまり入らないといったことにもなりかねないのです。
仕切りとして使うのならば、あまり厚手のダンボールである必要もないでしょう。

段ボールで収納上手を目指す

コメントは受け付けていません。

重ねる順番に気をつける
ダンボールを収納グッズのひとつとして使う場合には、ある程度大きさをそろえると、非常に見た目もすっきりします。
また、ダンボールの利点は上にどんどん積み上げられることですから、上手に活用すれば、クローゼットの下から上まで
ダンボールでうめることも出来るわけです。

しかし、重ねるときには、注意しなければならないこともあります。
それは、大きさと形です。

当然大きいダンボールを下にした方が安定しやすいと考えますが、重たいものが上に大量に積み重なっていく場合には、箱の耐久性が非常に心配になります。
また、大きなダンボールはその分重さが重くなるために、丈夫さを落としている場合が多いのです。
そのため、厚みが薄かったりして、あまり耐久性がないものもあります。

元々、中に入っていたものが重たい製品であったり、割れ物であった場合には、箱自体がとても丈夫に作られている可能性が高いのです。
そういったものを出来るだけ下に持ってくるようにすると良いでしょう。

また、手の届かない位置まで積み上げてしまうと、取り出すときに、踏み台を使わなければいけません。
いざというときに積みあげていたものが倒れるようなことがあれば大変危険です。
扱いやすい高さに制限しておくことも重要です。