経済的な収納術

コメントは受け付けていません。

ダンボールを収納道具のひとつとして使う方も多いことでしょう。
ダンボールは軽くて丈夫で扱いやすいですから、とても重宝しますよね。
水には弱いのが難点ですが、家の中で収納として使うのなら、その心配もほとんどありません。

ホームセンターなどでは新品のダンボールを購入することが出来ますが、そこまでする必要はないなということならば、
荷物が届いたときに使われていたものを利用すればいいわけです。
そうすればコストもかかりませんし、手軽に使うことが出来ますね。

また、市販のダンボールと違って、何か荷物が送られてきたときの箱というものはそれなりのメリットもあるのです。
それは、中身によってダンボールのサイズや厚みがバラバラだということです。

特定の場所にすっぽりおさまるようなダンボールが欲しいと考えるならば、普通に購入しようとするとなかなか手に入らないものです。
そんなときに、ひょんなことから欲しいサイズが手に入るようなことがあれば、とってもお得な気分になるはずです。

また、重いものや割れものをいれようと考えるならば、丈夫なダンボールが必要です。
こういったものは普通に購入しようとすれば少し高めになりますので、それが無料で手に入るのなら、ぜひとも有効に活用したいものです。

テーブルの下にティッシュ、リモコンケース

コメントは受け付けていません。

テーブルは部屋に一つはあるものですが、狭い部屋だとテーブルの下の空間はもったいないですよね。狭い部屋ではクローゼットや押し入れなどをフル活用しても収納に困ることは多いです。
なかなかテーブルの下を見られることもないですし、ダンボールで有効活用しませんか?テーブルの裏にティッシュケースが入るぐらいの深さのしっかりしたダンボールを両面テープで貼ります。
取れてしまっては意味がないのでしっかりとつけましょう。横から入れられるように側面を切り取ります。切り口は布を貼ったり紙を貼って紙クズが出ないようにしましょう。
あからさまにダンボールというのが嫌であれば自分なりに布を貼ったり、壁紙を貼ったりして飾るのもいいと思います。そこにティシュケースや色んなリモコンを置くと部屋がすっきりします。
ティッシュも必要な時すぐ出せますし、リモコンも使わない時は邪魔で置き場所にこまるので置き場所を決めると落ち着きます。インテリア以外の小物はなるべく見える所におかないというのが部屋を綺麗に見せるコツです。
その他にも読みかけの本や小さなメモ帳、ペンなどを入れておくと便利です。ただ、ダンボールですから飲みかけのコップなど水分は置かないようにしてくださいね。