飲食店やスーパーの割引券入れ

コメントは受け付けていません。

朝、新聞折り込みのチラシにもファミレスやラーメン屋の割引券が入っています。チラシ好きの主婦はついそのままとって置きますよね。
また、飲食店に行くと次回使ってくださいと割引券がもらえます。今チェーン店のほとんどがこのようなサービスをしています。次回ドリンクバー無料券とか次回アイス無料券、次回10%割引など。取っておいてあるのに肝心な時財布に入っていなくて悔しい思いをしたことがあると思います。
割引券入れをダンボールで作りましょう。作り方は簡単です。チラシなどは取っておいてその辺に置いておくことが多いので置き場所がきまって片付きます。
手頃な大きさのしっかりしたダンボール、化粧箱を何個かに仕切ります。そして縦に割引券を入れます。縦に入れることによって全部出さなくても見られるからです。
ラーメン屋、ファミレス、お寿司屋、ファストフードなどを区別しておくと見やすいです。期限が切れてしまったものは捨てて出かける時に行きそうなお店の割引券を財布に入れておけば使えますよね。
またとてもお得な割引券であれば期限を再確認できてもうちょっとで期限が切れそうだから今日行っておこうということになり無駄になりません。どうせ行くのなら少しでもお得に行きたいですね。                                                                                                                       

好きな武将で収納を

コメントは受け付けていません。

収納ボックスは色々な物が売っていますが面白いものがありました。ダンボールの千両箱タイプの戦国武将家紋付収納ボックスです。ダンボールですがたたくとコンコンと音のする硬質なダンボールで艶のある黒で一見するとダンボールとはとても思えないほど立派です。
でもやはりダンボールですので湿気、防虫対策はしないとだめですね。耐荷重は30kgとしっかりしたつくりです。家紋は印刷ではなく黄金の箔押加工で金色に輝いています。
戦国武将が好きな人は男性ばかりではなく、キャラクター化された歴史上の人物に嗜好をもつ女性や大河ドラマの歴史的観光地に訪れる一般女性が多くなり、歴女などという言葉も流行るほど今は女性も多いです。
歴史上の人物でも特に戦国武将は今でもドラマ化され人気です。織田信長、伊達政宗、真田幸村、上杉謙信、武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康の中から選べます。
本や雑誌、CD、DVD、ゲームソフト、A4サイズの書類、雑貨など何でも武将ごとに分けて収納できます。収納というと押し入れやクローゼット、何かの下に見えないように片付けるイメージですが、これだったら全部そろえてインテリアとして見せてもお洒落です。一つ1000円前後で買えるので歴史好きにはたまりませんね。