旨みと色白とダンボール

コメントは受け付けていません。

なんとなく考えたことですが、ダンボールに入った野菜で「残り物調理」をしたところ、色白の野菜って出汁(ダシ)があるかもと思ったのです。

例えば、白菜と肉やソーセージだけでも、お醤油や塩、コンソメだけでは出せない旨みが出てきます。

大根だって同じです。

そこであらゆる出汁が出るかもしれないと思う野菜を考えてみました。

ごぼうも入れるだけで味が変わります。だけど、「色は茶色よね」と考えたら、中は白です。

冬瓜も同じでしたし、玉ねぎもそうです。

野菜と呼んでいいのかしらと思う、しめじやエリンギも同じように旨みが出てきます。

めったにやりませんし、メニューとしてはなかなか上がってこない味噌汁にそれを入れたことがありますが、やっぱり違うのです。旨みが増すというのでしょうか。

そんなことから、今度は色見が濃い野菜について考えてみました。

かぼちゃはどうかしら?

人参は?ピーマンは?

などと出してみても、汁物が劇的に変化する出汁はでてこない気がします。

かぼちゃなどはシチューに入れたらほんの少し変わります。人参は油との相性がいいので、肉汁だと味を変えてくれます。ピーマンは。。。想像すらできません。

緑黄色野菜という言葉があります。

色見が濃く、栄養価も高いと言われていますが、それと関係するのかとも思いました。

ただ、緑黄色野菜というのは色見が濃いという理由ではないそうです。

正しくは、ベータカロテンを豊富に含んだ野菜を指すそうで、皆さんがよくご存知の人参やトマト、かぼちゃの他、小松菜やチンゲンサイなどの葉野菜、ニラやブロッコリー、芽キャベツなどが代表的なものということです。

色白の野菜を緑黄色野菜に当てはめて表現すると淡色野菜と総称するようですが、これは区別する場合に使われる言葉です。

しかし、その仲間にはやっぱり旨みと感じるものが多く、セロリやレタスもその中の一つで、スープや味噌汁に入れると風味が変わります。調味料以外の旨みとして変わる感じがするのです。

旨味成分と言われているものにはアミノ酸や糖分があると言われています。

食材そのものに含まれているものですが、淡色野菜は緑黄色野菜に比べると旨味成分の量は少ないと言われています。

ただ、色白野菜をたっぷりに煮込むと、それぞれの甘さが引き立つと言われています。ポトフにすると感じると思いますが、ほんの少量のお塩と、少しだけのベーコンでもびっくりするほどおいしい料理が完成します。

美味しさだけの食材で、栄養面で劣ると言って軽視されがち淡白な色の野菜たちには、緑黄色野菜にも負けないほどのパワーがあります。

淡色野菜にはイオウ化合物が含まれているため、免疫システムを活性化させてくれると言われていますので、旬である時期にはたっぷりと取り入れたいものです。色が白くて土の中で育つ野菜には体を暖める効果もありますし、旨みが出ることで薄味で調理することが可能です。

マイボックスを持とう

コメントは受け付けていません。

家の中に「マイボックス」があったらとても便利だと思います。

人にはいつも使っている道具があると思いますが、それらをひとまとめにし、部屋を移動する際に持ち歩ければいいと思いませんか?

例えば、部屋着にはポケットが無いこともあり、携帯を入れる物があれば良いと思います。紙が長い方だとピン留めやゴム、シュシュなども必須です。

老眼が入ったお父さんには眼鏡や拡大鏡も要るでしょうし、オシャレに目覚めた女の子は手鏡や眉毛を整える毛抜きなども常に要ると思います。

このような物はリビングか部屋に無造作に置かれることが多く、必要と感じたときに部屋移動をして取りに行きますが、あらかじめ持って移動していると取りに戻る必要もありません。

ものぐさといわれそうですが、収納ボックスに入れる習慣をつければ紛失も防げますし、部屋が散らかることもありません。

このようなマイボックスを作るにもは活用します。

見られたくないというのであれば、持ち手付きで蓋がキッチリ閉まる段ボールを探しても良いかと思います。形はケーキのボックスのようなもので、特殊な形かも知れませんが、貴重品入れなら小さめで蓋が閉まって持ち手が無くても良いと思います。