卓上筆箱ですっきり整頓

コメントは受け付けていません。

机の上は出来るだけ綺麗にしたいものですが、いつも使うペンや紙、きちんと収納してますか?

実は私の場合、1日に何度も使うものはそのまま机上に置かれていたりします。すぐに手が届き、すぐに使えるということでそうしていますが、掃除をしていつも使っているペンを片付けると、探すときに困るのです。

ですので、考えている筆箱があります。

筆箱は自分サイズの物が欲しいので、段ボールを使って作ることにしました。

まず、欲しいものはメモ用紙と普段使う2種のペンとUSBメモリを収納するボックスです。

全てをひとつにまとめたいので高さ的には低いものとなりますが、ちょうど小学校に上がった子供たちが持っているペンケースのような感じになります。ペンは傾斜をつけて取り出しやすくし、下にはメモ用紙が挟め、手前には仕切りを設けてUSBメモリを入れるといった感じです。USBメモリが入る場所は消しゴム入れスペースのような感じになりますね。

ペンケースと違うところは蓋はつけないという所です。すぐに取って使いたいが望みですので、パッと取り出せる方が便利なのです。

いつも使うものは人それぞれ違いますので、自由に形が考えられる段ボールってオールマイティですね。

入院時にも活用します

コメントは受け付けていません。

ご家庭やオフィスで活躍する段ボールですが、それよりも活躍する場所があります。

それは「病院」です。

急な入院でも、手術のための計画入院でも、入院期間が長くなりそうなときには収納ボックスが欲しくなります。

最近の病院ではテレビの上に開閉式の収納棚と、下には引き出しが幾つかというふうに、入院患者の荷物が置きやすくなっています。

しかし、ほとんどが1枚の棚板だけでフラットな空間になっています。つまり、縦型収納がしにくく、毎回使う割り箸や歯ブラシなどの道具が立てておくことが出来ないのです。

口に入るものって出来るだけ棚に触れる面を少なくしたいと考えますよね?

そんなときには、院内で手に入る薬剤が入っていた段ボールはとても重宝します。どこの部屋にあったかということを気にされるならほとんどが心配無用です。なぜなら、そこで使われたものは日々、掃除の方が回収し捨ててくれるからです。

入院当初、箱物と言えばティッシュボックスしかありませんが、それも蓋部分を取ってしまうと濡れティッシュやそのほかの物がしまえます。

100円均一のお店ではかごも安く手に入りますが、段ボールを使うと、退院時に全て処分できますので、家に持ち帰るものも少なくて済みますよ。