車中には段ボール

コメントは受け付けていません。

車の中って、何か物を持ち込むと、毎回のように整理しないことが多いものです。

忙しいときなどは特にそうで、小さいお子様がいらっしゃるご家庭だと更に物があふれるといった感じになります。

ゴミが多ければ車内用ゴミ箱も必要で、それ以外だと何かに整理をしたいものです。

車中の収納にも活躍する段ボールは、後部座席に一つ置いておくととても便利です。

例えば出がけにポストから取った郵便物、この中には領収証や水道光熱費・税金などの納付書の他、かなり多くのダイレクトメールがあったりします。

納付書や領収証だと捨てるものではありませんから、そのままバッグの中に入れるでしょう。ダイレクトメールに至ってはゴミ箱の許容範囲をオーバーすることもあり、クセモノと言えばクセモノです。

出かけるときに受け取る形になり、ゆっくりと目を通している暇もありません。

ですので、そのようなものを後部座席の段ボールに入れておくのです。そのほか、仕事で一時使用した書類や封筒、あるいは替えたバッグを入れることも出来ます。

中に入れたからといって「収納」というわけにはいきませんが、週に1回程度、それを持って家に入り整理をしてしまうのです。

トランクには傘、長靴、バッテリーをチャージするジャンプ線などが入っていることと思います。それらもひとまとめに段ボールに入れれば綺麗に片付きます。

虫が集まりやすいものを知る!

コメントは受け付けていません。

段ボール収納で気をつけて欲しいことがあります。

これは食材になるでしょうが、「虫が集まりやすい食材」を知ることです。

虫が集まりやすい食材で常に家の中にあるものは「米」だったりします。

米びつやタッパーなと、米を入れていたケースは、糠とともに小さな虫がいることがあります。調理をしている方ならたまに洗っていますよね?

中の物を出して入れるなら度々掃除をする必要があります。ただ、ビニールや紙のままで収納しても米が置いてあったところを触るとざらざらしたりしますので、たまに拭いてあげてください。

米収納に入っている虫はコクゾウムシと呼ばれ、稲科の植物にはおなじみのものです。

長いこと同じものを段ボールにいれてしまうと、新しく買ったものも虫に食われることも必至で、掃除をしなければ悪循環になります。

他に気をつけたい食材は「豆類」です。

開封しなくても長い間保管してあると豆以外の粉が袋の中に発生したりします。これも米に付く虫と同じ感じです。

粒の中に入って卵を産む、そこで繁殖するを繰り返すため、掃除や段ボールの入れ替えは他の場所よりも頻繁に行った方がいいのです。

穀物を収納する場合、密閉できるタッパーなどに入れて段ボールに入れるという感じになります。