タトウ式でポストカード入れ

コメントは受け付けていません。

タトウ式の段ボールはカタログなどが入って運ばれてきます。

この形はとても便利で、絶対に使い倒して欲しいものです。

自宅でも会社でも用途は沢山あります。

何を収納するのかというと、事務所ならペラペラの書類が保管できるので引き出しに立ててしまうことも可能です。あるいはデスク上、パソコンの隙間にも置けます(冷却ファン通気口を避けてくださいね)。

タトウ紙は着物が包まれている紙と同じ形をしています。

中に入ったカタログを包むような形になっていますので、組み立て方によって、またはサイズによってカード入れにもなります。

四隅をたたみそれが蓋になりますので、出し入れ口は開けておき邪魔ならばカットしてしまいます。壁に貼り付ける際には役に立ちますのでカットせずに使ってください。

同じ大きさがあれば、2段、3段のオリジナルラックになり、重ねて並べれば仕切りの役目をする収納ボックスとなります。

カタログは発送する頻度が少ないため、タトウ式は滅多に手に入りませんが、好きな形であれば新品を買われてもいいと思います。50枚で2500円くらいですので、少数枚手に入る専門ショップを探してみてください。

かなりはまってしまう段ボールとなるでしょう。

缶詰段ボールをしきりに

コメントは受け付けていません。

缶詰が入っていた段ボール箱はキッチン収納に便利です。

サイズ的にはツナ缶が入っていたもので、1
2個の2段がちょうど良いかと思います。
他にはフルーツ缶が入っていたものでこちらは出来れば
1段のものをチョイスします。

この2種類はどの缶詰にも合い、
棚に組み入れれば同サイズのものが収納できます。

地域によってはさらに使い勝手の良い段ボールもあるようで、
箱の中にしまわれながら使っていけるようになっています。
中には切り取り線が設けられて、
開封しなくても箱が割れるようになっているものもあります。

この箱の断面を見ると、厚み的には薄いものですが、
缶詰自体に強度がありますので運搬時にも問題はないようです。
ほとんどの商品が個包装、バルク包装の中箱、
それらを入れる大箱に入っているようです。
つまり、二重三重になっているということです。

棚に配置する際は、縦横どちらでも構いませんが、使い勝手がいい方法で、
横に配置する際は重いものを下にするようにしてください。
下の箱が潰れては収納として成り立たなくなりますので、
思い切って処分するか、上と下を交代するなどします。

缶詰の段ボールはバルク包装のものを使いますので、
覚えておくと良いでしょう。