帽子収納

コメントは受け付けていません。

家の中でかさばるものって何があるでしょう。

収納に困るものと言えば「帽子」じゃないでしょうか?

ブランドものだと専用のケースに入っており、それに入れて収納も可能ですが、
普段かぶるものに箱は付いてきません。

帽子が好きで集めている方は何かに被せて
それに沢山重ねているようですが、日常使いならそれでいいですね。
中にはトルソーに被せている方もいるようです。

ただ、型崩れが気になるものは別々に収納した方が良いと思います。

そこで活躍するのが段ボールです。

箱の形状のままだと使い勝手は良くないので一工夫します。

まず、頭のサイズに合わせた筒状のものを作り、
接着面は帽子に付かない工夫をしましょう。
それに被せればOKですが、筒の中にくしゃくしゃにした新聞紙や
クラフト紙をいれると湿気対策になります。
段ボール箱に入れておしまいです。

数があるなら同じサイズを準備し、クローゼットやタンス、
あるいは押し入れの上段に嵩張らないように積み上げるか、
横に並べて置きます。

箱にはマジックで特徴を書いておくと良いでしょう。

同サイズを集めるなら段ボール専門店で買った方が良いと思います。
不足が出れば同じ型を買い足せば良いですし、
数年ごとの交換に困ることもありません。

ひとつの段ボールで、収納と棚を

コメントは受け付けていません。

私が以前やっていた方法ですが、洗濯機の周りってゴチャゴチャになりがちで、
そこでも段ボールを使っていました。

これはとても便利ですので是非試してくださいね!

まず、段ボールを置くスペースが必要になりますが、洗濯機の上の後方部でも良いと思いますが、振動によって落ちることが無いよう固定します。

使用するのは「みかん箱」と呼ばれる形の段ボールで、
サイズは洗濯機に置いても邪魔にならない程度のものを使ってください。

みかん箱には四方から蓋が伸びています。

さて、収納と棚の作り方ですが、使うのは一方だけになりますので、
入れるものに応じて余分な蓋は切り落とします。
切り取った部分は必要に応じて使うなり処分なりをしてください。

箱本体と一つだけ残した蓋を閉めた状態でつなぎ合わせ、
しっかりとテープで固定します。
外れないようにぐるっと一周するように再度テープで固定です。

これで完成ですが、形は郵便ポストのようになっていますね?

そこには洗濯ネットや使わない洗濯バサミなどが入れられますし、
サイズによってはお洒落着洗い、漂白剤なども入ります。
上が棚になりますので、比較的軽いものを置いていただけます。
蓋の部分にフックをかけて、そこに洗濯ネットをかけても良いでしょう。