使わない食器と果物の段ボール

コメントは受け付けていません。

使わない食器は出来るだけ無いほうがいいのですが、
来客用にお持ちのご家庭は多いと思います。

ただ、「食器棚に入りきれない」という時には、
果物が入っていた段ボールを活用するといいと思います。

なぜかというと、構造がしっかりとした作り
(一枚で繋がっていますが、2重になっているものが多くなっています)で、
かなり頑丈になっているからです。

しかも適度な高さが有りますので、
グラス類も楽に入ったりします。

ですので、同じサイズの段ボールがあれば、
楽に積み重ねることが出来、
食器の一つ一つを新聞紙やキッチンペーパーで包む必要がありません。

お勧めは「メロン」の箱で、
物によってはしっかりとした蓋が付いているものも有ります。

しかも、化粧箱のようにパカっと開いて、
まるで売られているケースのようです。

もし食器を入れるケースとしての役目を終えても、
汚れていなければ軽く拭いて天日干しすれば
手芸用品などを入れる収納箱としても使うことが出来ます。

果物はケース買いをする物でなく滅多に手に入りませんが、
農家から直接まとめ買いすれば手に入ったりしますし、
施設や学校の調理場で手に入ることも有ります。

キウイやブドウもそのような段ボールとなっています。