とりあえず品を仕舞うには段ボールが最適

コメントは受け付けていません。

「普段は無いもの」って家の中にありませんか?

例えば、大量の衣類で作った使い捨て雑巾やオークションに売るものなど、
近い将来無くなる物です。

それらの収納には是非、段ボールを活用してください。

そのようなものの為にわざわざ収納ケースやカゴを買うと、
それらが家から無くなった時、そのケース類が邪魔になってしまいます。

持ち家で無い限り、荷物は出来るだけ増やさないほうが良く、
次の引越しのことなども考えたおきたいものです。

「とりあえず品」を収納するには場所の確保も必要ですが、
「とりあえず」ですので、机の下やベッドの下、
目立たない場所にまとめて仕舞っておくといいでしょう。

使い捨て雑巾なら小さめの段ボールに入れたものをキッチンへ置き、
無くなったら継ぎ足しをします。

売り物ならば、忘れないうちにさっさと出品をしてしまいましょう。

雑巾ならば場合によっては数年持ちますが、
むやみにティッシュを使わない習慣をつければ、
床に落ちたものや定期的な家電の清掃をすれば減りも早くなります。

雑巾を買う必要も無くなりますよ。

売り物なら忘れずに出品すればあっという間に無くなってしまいます。

今だけ有る物というのは生活をしているとたまに出てきます。

工夫次第で早めに使い切ってしまうことも収納上手になる秘訣です。