段ボールを押入れで

コメントは受け付けていません。

押入れというと、段ボールが置かれている場所の「定番」かと思います。

ただ、多くの方は使用頻度が低い物を入れているだけ、
あるいは荷解きをしていないものを入れて置くものとして使っています。

このようなものは何年経っても開けられないことが有り、
「これらって、本当に必要なのかな?」と思ったことは無いでしょうか?

実は、整理してしまえば捨てられるものは結構有り、
押入れのスペースが空くこともあります。

その中で是非やって欲しいのが、服の整理です。

スマートに暮らすには、買い足した分、
同じ数を処分すれば余分なスペースが必要になることはありませんし、
新たに家具を買わずに済みます。

古くなった、着ないという物があれば、
一旦段ボールに収めてもいいですが、
次の衣替えの時には処分をしてください。

吸湿性のあるTシャツやパイル地なら、
小さめにカットしてキッチンや汚れがひどい部分の
使い捨て雑巾として活躍してくれます。

これは整理の時にやってしまうことです。

「後で」となると、結局押し入れに仕舞われて同じことになるからです。

小さくかっとしたものはティッシュの空き箱に入れても良いですし、
一回り小さい段ボールに入れてキッチンへと移動させましょう。