段ボールで無造作お道具箱

コメントは受け付けていません。

これは昔からある方法ですが、最近は見かけなくなりました。

段ボールや硬めの菓子箱を利用して作りますが、
仕上がり次第では宝石箱にもなります。

ただ、そこまで行くには何度か作って
腕を上げなければなりませんので、
お子様やご自分のお道具箱を作ってしまいましょう。

簡単な方法は厚手、あるいは硬めの菓子箱やお中元、
ギフトのお洒落な箱をそのまま利用します。

最近は段ボールの芯となっている蛇腹が表面になった箱も有り、
存在感もあってお洒落になっています。

これならそのまま使うことが出来ますが、
普通の段ボールなら蓋となる部分に綿を入れて
ハギレを貼り付けて可愛くすることも出来ます。

そうすれば無機質な空き箱だとは知られませんよね?

このようなものを一つ持っていると、
普段の生活で使う細々としたものを全て入れることが出来ます。

仕切りを付けると入れるものが限られてきますので、
あえて仕切りを作らないことです。

ただ、サングラスや鍵、ボールペンと、
入れるものの形や型崩れ、傷が付くという可能性が有りますので、
ケースがあるものはそれを使用しましょう。

無造作に入れても気にならなく、
いつも持ち歩いているものを全て入れることが出来れば、
探し物をせずに済みますし、何よりも部屋が綺麗に片付きます。