着物など日本ならではの衣類どうしてますか

コメントは受け付けていません。

日本人なら誰もが一度は着たことがあるであろう着物や浴衣。
なかなか自分で保管するには大変ですよね。
ひとつひとつ防虫などに注意して平面になった場所にシワにならないようにキレイに特殊な畳み方をして和紙などでできた防虫加工をした包みに入れて桐などに入れて保管するのが一番の保管方法なのでしょうが、簡単に桐など家庭にあるものではありませんよね。

今は日本風のものが少なくなってきたからこそ、着物や浴衣などを保管する場所が家の中になかったりします。

場所に困って保管方法に困って浴衣や着物を敬遠してる人も多いのではないでしょうか。
しかし、今専用のダンボールがあるのです。

着物や浴衣を保管できるダンボールはとても使い勝手がよくダンボールの特性を生かし着物や浴衣を傷めることなく保管する方法としては最適だといえます。

和服を保管することに特化したダンボールはとても便利ですね。
和服だけでなく衣類に特化したダンボール収納などもあるようです。
ダンボールは収納として様々なものを保管するために加工され作られ流通してるのです。

それだけダンボールが収納に向いている、収納に合っているということですよね。

桐のタンスや箱などの購入は無理でもダンボールの和服ケースは購入できるのではないでしょうか。
桐には敵わないかもしれませんがダンボールで和服を保管しませんか。

Comments are closed.