キレイな収納ボックスにするための工夫

コメントは受け付けていません。

ダンボールを使って収納ボックスを作るとなるといろいろなやり方がありますがちょっと上級者向けの収納ボックスにするための工夫をお教えします。

ダンボールは基本的に切りっぱなし状態になっていることが多いのですよね。
その切りっぱなし部分が使ってるうちにボサボサになってきてしまう場合もありますのでその切り口の部分に水貼りテープをコの字型にして四方すべてを覆ってしまいます。
それによりボサボサしてくることもないでしょう。

さらに布を貼るときに布を貼ったけどダンボールにプリントされてる商品名やロゴが見えてしまっているといった場合や布がはがれてきてしまうという場合はダンボールを型にダンボール面を大きな画用紙などに移項して型をつくります。
ちょっと固めの画用紙や型紙を使用しましょう。
そしてその型紙に木工用ボンドを少し水が薄めて溶かしたものをハケなどで縫ってその型紙に布を貼ります。
少し大きな布はカットすると良いですよ。

そして布を貼った型紙をダンボールに貼り付けることで商品名などが浮き出ることはなくなりますし、よりキレイにダンボールに貼ることができます。

大きめにカットした布部分は中側などに織り込んでちょっと手で伸ばして貼り付けます。
乾くまで上から紙などを挟んで洗濯バサミで止めておくとかわいたときにそのままの状態なのでキレイに仕上がりますよ。

ちょっとした工夫をすることでキレイに仕上がるので挑戦してみてください。

Comments are closed.