その隙間利用しませんか

コメントは受け付けていません。

家や会社にある気になる隙間。
それはただの隙間であってなんの意味もありません。
それを見て空間の無駄遣いだなぁ…と感じることはありませんか。

その隙間を活用しましょう。
そんな場所でも収納にしてしまえば、きっと使い道はあるはずです。

隙間に合うダンボール収納を作るでも良し、購入するでも良しです。
インターネットなどで検索をすると意外にも隙間をダンボール収納で利用価値のある空間にしようというものは多く販売されています。

ですから、ダンボールキットを購入して隙間を埋めるでも良しですし、ダンボールを自分でカットして作ることも可能です。
その隙間を使った収納があることで物を入れておくことができ、その近くでなにかするときにとても便利になるかもしれません。

どうしても家具や家電などを置く上で隙間はできてしまうはずです。
壁と家具や家電の隙間埋めませんか。

ダンボールはとても丈夫であり、電気などを通すこともありません。防水加工されたダンボール収納などもありますので防水加工がされたダンボールは水を吸いこむ心配もありませんし、多少濡れても全然問題はありませんから水廻りにも向いてるダンボールが存在します。

隙間の活用にはダンボールが活躍します。
家で隙間、見つけてみませんか。そしてダンボールで活用しましょう。

トイレ周りって収納が少ない…

コメントは受け付けていません。

水廻りには収納がほしくなるものです。
例えばキッチン。キッチンはものをたくさん使い、さらに調味料やキッチングッズなど様々なものを使用します。だからこそ収納はこまかくほしいところですよね。

お風呂場近くにも収納はあってほしいものです。
タオルを入れておいたり、シャンプーなどのストックを入れておく場所、入浴剤などを入れておきたい、人によっては下着なども常に入れてすぐに穿けるようにしておきたいという人もいるはずです。

洗面はどうでしょうか。
洗面もハブラシから歯磨き粉などはもちろん洗顔料や整髪料、化粧品など様々なものを入れておきたいですよね。

ですから家にはお風呂周り、キッチン回り、洗面と収納が多いという家がほとんどです。

しかし、トイレはどうでしょうか。
トイレには上を見上げると棚がひとつ…という場合が多いように感じます。
最近のトイレには収納が付いてる家が増えたようですがやはりそれは人々が必要とするからでしょう。
トイレットペーパーや洗剤関係、生理用品などトイレに置いておきたいものは実はけっこうあるのです。

そういったときはダンボールの収納を利用することもオススメです。
ダンボール収納としてトイレに置くタイプの棚などがダンボール製品として発売もされていたり自分で自由に作り上げて使用してるという人もいます。

ダンボールの収納でトイレのものもスッキリと、そして使いやすいトイレになるとうれしいですね。

この棚に引き出しがあったら

コメントは受け付けていません。

部屋にあるカラーボックスなどに引き出しがあったらなぁ…と考えたり、この棚に引き出しが付いていたらなぁ…と考えることはありませんか。

そこに引き出しをつけることは可能です。
ダンボールの引き出しをつけちゃいましょう。

今、ダンボール収納というのはいろいろなところで売られています。
インターネットなどで検索するとその数や種類にとても驚くはずです。
種類も役割のカラーもとても豊富で思わず使ってみたくなったり、購入を検討したり…とワクワクしてしまいます。

カラーボックスや棚のサイズが規格外のものでなければそこに合うダンボールの引き出しがあるはずです。
かなりの種類のサイズが展開されているので規格から大きく外れていなければきっとお気に入りのダンボールの引き出しが見つかるはずです、

ダンボールはカラーダンボールのものもあり、カラーダンボールの色によって家具の雰囲気も部屋の雰囲気も変えることができるでしょう。
カラーボックスや棚のカラーにもよりますが、その元になる家具の色と引き出しの色を統一するのも良し、引き出しのカラーだけを同じ系統の濃いまたは薄い色にしてツートーンにするのも良し、まったく違うカラーでカラフルにするも良しです。

ダンボール引き出しをつけることでより便利にそして部屋の雰囲気改革にダンボール収納として活躍してくれることでしょう。

着物など日本ならではの衣類どうしてますか

コメントは受け付けていません。

日本人なら誰もが一度は着たことがあるであろう着物や浴衣。
なかなか自分で保管するには大変ですよね。
ひとつひとつ防虫などに注意して平面になった場所にシワにならないようにキレイに特殊な畳み方をして和紙などでできた防虫加工をした包みに入れて桐などに入れて保管するのが一番の保管方法なのでしょうが、簡単に桐など家庭にあるものではありませんよね。

今は日本風のものが少なくなってきたからこそ、着物や浴衣などを保管する場所が家の中になかったりします。

場所に困って保管方法に困って浴衣や着物を敬遠してる人も多いのではないでしょうか。
しかし、今専用のダンボールがあるのです。

着物や浴衣を保管できるダンボールはとても使い勝手がよくダンボールの特性を生かし着物や浴衣を傷めることなく保管する方法としては最適だといえます。

和服を保管することに特化したダンボールはとても便利ですね。
和服だけでなく衣類に特化したダンボール収納などもあるようです。
ダンボールは収納として様々なものを保管するために加工され作られ流通してるのです。

それだけダンボールが収納に向いている、収納に合っているということですよね。

桐のタンスや箱などの購入は無理でもダンボールの和服ケースは購入できるのではないでしょうか。
桐には敵わないかもしれませんがダンボールで和服を保管しませんか。

収納グッズどうしてますか

コメントは受け付けていません。

生活をしてるとココに収納があればなぁ…ココにちょっとしたものを入れるものがあったらなぁ…と感じることがありますよね。
そんな時どうしてますか。

ホームセンターや家具量販店、100円ショップなどに収納グッズを探しに行ったり購入したりするという意見が圧倒的に多いです。
他にもインターネットで探すという意見もあります。

今、片付け自体に大きな注目が集まっている時代で、数々のお掃除方法や片付け方法がいたるところで紹介されていますよね。

そんな中でお金をかけずに収納できる優等生ということで紹介されることが多いのがダンボールです。

ダンボールはとても丈夫で軽く、誰でも加工したり工作する感覚でアレンジしたりと自由に使える素材です。
さらに保存効果も高く、ほとんどのものを保管する上で優れた効果を発揮するといわれています。

そんなダンボールで自分の好きな大きさ自分の好きなデザインで収納を作ってみてください。
自分だけのものだからこそ愛着もきっと湧くはずです。
ちょっとした工夫でとても立派な収納になりますので、自分で意識して作ると良いですね。

簡単にできるものもありますが手を込んだほうが仕上がりがよりキレイになりますよ。

購入するのももちろんですがダンボールで自分だけの自分にオーダーしたダンボール収納でも良いのではないでしょうか。

収納上手になるために

コメントは受け付けていません。

家でも会社でもどうしても人が生活や仕事をするところでは物が多くなってきてどうしても整頓が必要になってきますよね。
しかし、収納できる家具や収納できるスペースというのはとても限られていて増えていくものたちをどう収納すべきかと考えてしまいます。

そんなときはダンボールを使いませんか。
ダンボールはとても便利な収納グッズでもあります。
普段はものを運ぶためのものとして梱包として使われていますが、ダンボールはとても丈夫で軽く、そして収納力がとてもあります。
小さなものから大きなものまで収納でき、フタをしめることでその上にもまたダンボールを乗せられるというのも便利ですね。

ダンボールは余計な水分や湿気もとってくれますから中にいれたものを守ってくれる役割もあります。
衣類だってたくさん入れることができますし、防虫用のものをいれておけばずっと保管することだって可能です。
書類なども紙の変色などなく時間がたってもそのままの状態で保管することができます。
ダンボールという素材の特色を使い、保管することでとても良い状態で保存することができるのはうれしいですね。

不要になったときにはリサイクルに出すこともできますし、場所を取るなぁと思ったら自分で小さくしてしまって新たに作ることも可能なので便利ですね。

キレイな収納ボックスにするための工夫

コメントは受け付けていません。

ダンボールを使って収納ボックスを作るとなるといろいろなやり方がありますがちょっと上級者向けの収納ボックスにするための工夫をお教えします。

ダンボールは基本的に切りっぱなし状態になっていることが多いのですよね。
その切りっぱなし部分が使ってるうちにボサボサになってきてしまう場合もありますのでその切り口の部分に水貼りテープをコの字型にして四方すべてを覆ってしまいます。
それによりボサボサしてくることもないでしょう。

さらに布を貼るときに布を貼ったけどダンボールにプリントされてる商品名やロゴが見えてしまっているといった場合や布がはがれてきてしまうという場合はダンボールを型にダンボール面を大きな画用紙などに移項して型をつくります。
ちょっと固めの画用紙や型紙を使用しましょう。
そしてその型紙に木工用ボンドを少し水が薄めて溶かしたものをハケなどで縫ってその型紙に布を貼ります。
少し大きな布はカットすると良いですよ。

そして布を貼った型紙をダンボールに貼り付けることで商品名などが浮き出ることはなくなりますし、よりキレイにダンボールに貼ることができます。

大きめにカットした布部分は中側などに織り込んでちょっと手で伸ばして貼り付けます。
乾くまで上から紙などを挟んで洗濯バサミで止めておくとかわいたときにそのままの状態なのでキレイに仕上がりますよ。

ちょっとした工夫をすることでキレイに仕上がるので挑戦してみてください。

カラーダンボール収納

コメントは受け付けていません。

ダンボール収納というとやはりクラフト色を思い浮かべてしまいますがダンボールはクラフトカラーだけではありません。
今のダンボールはいろいろなカラーが存在しています。
カラーダンボールはとてもバリエーションも豊富でダンボール収納やダンボール家具などに多く使われています。

そのカラーダンボールを利用したダンボール収納の商品が今人気があるそうです。
通販の会社などでも取り扱いがあり、大変好評だとか。
特に子供たちにはダンボール家具だと親としても安心という部分があり、もし転んで家具に頭などを強打してもダンボールで出来た家具だと安心ですよね。
使わなくなったらリサイクルとして簡単に出すことができるのもうれしいです。普通の家具だった大型ゴミなどになってしまい有料となってしまいますがダンボール家具や収納だとリサイクルでもちろん無料で出すことができます。

カラーダンボールを使って何色ものダンボールが使われたおしゃれでカラフルなダンボール収納家具やだったり、濃い茶色とクラフトカラーの2色使いでモダンなダンボール家具だったりと一見ダンボールだとはわからないものも多くあります。

お手頃な価格で丈夫で長持ちなので人気があり、おしゃれな部屋の一部として存在感を示してくれるものでもあるでしょう。
カラーダンボールの魅力に触れてみませんか。

簡単にできるダンボール加工

コメントは受け付けていません。

家にダンボールがありますか。
家にダンボールって意外とやってくることが多いですよね。
通販などで商品を購入した場合だったり、人から物が送られてきたり、どこかで買い物したものがダンボールで梱包されていたり…なにかを購入することでダンボールが付いてくる場合が多いですよね。

そのダンボールを活用して簡単な収納を作りましょう。

ダンボールはとても安全で軽くて丈夫な安心素材です。
カッターひとつでカットすることができるのもうれしいですよね。
誰にでも簡単にダンボールをカットして組み合わせることができます。
子供の頃一度はダンボール工作に夢中になったことがあるはずです。

ダンボール工作と同じ要領で、ダンボール収納をつくって活用してる人は意外と多くいるものです。
ダンボールだからこそシールを貼ったり、布を貼ったりして自由に加工することができます。

フタもガムテープで貼ってあった部分を開けたらもう一度ガムテープでフタの開け口部分を両側フチを強化して、そこに穴を開けてヒモを通して下の部分は球状にしてしまいます。
するといつでも開けることができる紐の開閉口になります。
そうすることで何度でも開け閉めできますし、見た目のきれいになりますね。

だれでも簡単にアレンジして使うことができるダンボールはとても万能です。

ちょっとした工夫でダンボール収納が素敵になる

コメントは受け付けていません。

ダンボールの使い道ってどんなものがあるでしょうか。
みなさんはダンボールをどのように活用していますか。
一番多い活用方法はやはり収納でしょう。
ダンボールはとても収納力に長けていますから収納として利用してる方が多いのではないでしょうか。

そのダンボール収納。
ダンボールそのままではちょっと味気がない気がしますよね。
クラフト色が良いという方はそのままで良いかもしれませんが、ダンボールに会社名や商品名が入ってるままではちょっと使うことを躊躇してしまいますよね。

そんな時はダンボールを飾り付けちゃいましょう。
今は100円ショップなどでもいろいろな素材が売っています。例えば布もけっこう大きな布がいろいろなデザインで売っていますし、他にもかわいいデザインのラッピング用テープだったり、シールだったり、貼れるタイプのフェルトだったりと飾りつけるには最適なものが安値で購入することができます。
もちろん家にある余ったもので飾り付けてもよいですし、包装紙などをランダムに貼ってもおしゃれ感は生まれます。

そういったちょっとした工夫でダンボールが収納としてんも恥ずかしくないものに変化するのです。
自分流のダンボール収納、作ってみてください。
自分が作ったものだからこその愛着も生まれると思いますよ。

Older Entries